クレジットで税金をうけとる側のメリットってどうなの?

LINEで送る
Pocket

クレジットカードで税金の納付が可能なようになった場合、納付先の市町村や国側にもメリットが心積もりられます。

納税率を改善するには、税金を払いやすくなるよう仕組みを見直す事も大事です。

クレジットカードはそれ故の打開策になります。

国や自治体側が延滞や督促の請求をいちいちする機会も減るでしょうから、それだけ業務を減らす事ができます。

実際でも税金は分割で納める事ができます。

これまでは分割払いの申込み手順を職員がやっていたとしても、クレジットカードがあれば金額参考になどは代行してもらえます。

税金をクレジットカードで払える仕組みを製作する時、ネックになるのが手数料の影響です。

手数料を払うのは納税者か国や市町村か、考え方によってどっちとも主張可能なところです。

税金はいわば公的なお金ですので、個人情報や人権問題も関わってきます。

すんなりクレジットカードによる税金の入金技術が導入にならない、複雑な事情もあるようです。

クレジットカードで納税が可能なだけでなく、クレジットカードを使って支払った分の課税所得控除や、クレジットカードを使った宝くじなどもあるといいます。

日本でも、税金だけでなく公共機構への決済などますますクレジットカードの用法が広がっていきそうな気配です。